FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おすすめボカロ。

2012年08月19日

かなきも。Zenshin Machine Girl。
良い感じにゆるゆるふらふらしてて、なによりロックだ。


地元のお祭りがあるんですよ。

水害レベルに効くという伝説のあるお面も収蔵されてる超ローカルな氏神様で、
超小規模で、外部の人が来たりもしません。
ひょっとしたら夜に上がる花火くらいは見に来る人もいるかもですが。

そんな行事の中で、奉納のためか、境内の中での演芸があるわけです。
と言っても伝統的な技芸をするわけではなくて、
素人芸がいくつかあるような感じ。

その中に毎年恒例で、地区の小学生の子たちが歌ったり、
否、歌わされたりしているわけです。

そのプログラムが各家庭に配られていて、
なんとはなしに普段は見ないそれを眺めてみました。

子供らが歌うのは、
だいたいがアニメとかの身近な歌。

記憶が確かならですが、わたしの場合もまた
それ神社で歌うにはちょっとカオスだろ、
と今考えれば思うようなのを歌ったはずです。

とまれ、

男子低学年……ワンピースの歌。
男子高学年……検索したらイナズマイレブンの歌。
女子低学年……これもたぶんワンピースの歌。
女子高学年……深海少女。

深海少女。
なんか聞き覚えのあるタイトル。
現場はなんとなく居づらいので確認しにいったりとかしませんけど、
たぶんあれでしょう。
検索しても他に出てこないし、あったとしても時勢的に考えて。

予想が正しいのであれば、
伝統と最近のテクノロジーはこんな形でも交わるってわけですよ。
時代って変わるもんだなーとかいう当然の感慨さえ、なんか不思議です。

こんな調子なら、
いずれはスクリーンに映るネギを持った少女の舞さえ
どこかの神様に奉納される時代が来るのかもしれません。

なればトラディショナルな神様の中に、
デジタルの女神様が仲間入りする瞬間かもなのです。
たこルカであれば更にべつの神様も混ざるわけです。

いやまあ流石にそこまではないだろうし、
誰がやんのよって感じですが。

それにしても。
時代って怖ぇ。
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。